もしA君が首相だったら

中2のA君から見た”桜を見る会”問題

先日A君がHGMトレーニングで気になるニュースを調べていました。
これは学校の宿題で「調べなさい」と言われたのではなく、A君自らが調べたいと思ってのことです。
以下、A君のアウトプットです。

安倍晋三 桜見るために政治資金から約900万円補填か

コロナウイルスの第一波が今まさに来ようとしているというときに、国会では「お金の使い方」の話をしていました。安倍元首相主催の「桜を見る会」。その会費の一部を政治資金で補填をした疑惑が出たのです。この桜を見る会には前夜の夕食会というものがあり、それは某ホテルで行われていました。参加者からは一人5000円を徴収し、それをホテルに会場費などとして支払っていたのです。が、ここで大きな誤差が生まれます。安倍陣営側からはホテルに対し8年間で2300万円ほど支払われていたようなのですが、参加者から徴収できたのは8年間で1400万円ほど。残りの900万円分は、安倍氏が負担していたとみられています。ではその900万円の出所はどこなのか。それが政治資金というわけです。もちろんこの資金を使うことすらかなりタブーなのですが、それだけではなく「こういう使い方をしましたよ」という報告が収支報告書に記載されていない!まあ悪いって分かってたから報告書にも書かなかったんでしょうね。断固としてそんなことはしていないと言い張っていた安倍陣営でしたが、事態が一転、安倍氏が認めました。さらに、ホテル側から安倍氏の資金管理団体「晋和会」に領収書が渡されていたことも発覚。この領収書についての言及に、「廃棄しました。」とひとこと。いやいやいや…。これはテレビで見ていて「無理あるよそれは」と皆さん思ったと思います。管理団体が累計ウン百万にもなるものの領収書捨てて何すんねん。もちろん証拠隠滅のために本当に廃棄した可能性もあります。それでも団体の中で数人は、疑問を抱いたことでしょう。権力に上から押さえつけられ、「安倍晋三を保守する」型にはめられてしまったのでしょう。悪いことを悪いと言えない人間には、絶対になりたくないです。

 

もしA君が首相だったら?

そこで私が「もしあなただったらどうするの」と訊きました。
そうしたら、ちょっと考えたらすぐ解決した説を書き足してくれました。

ちょっと考えたらすぐ解決した説 

そもそも参加している人は8割がた芸能人だったり各界のお偉いさんだったりするわけですから、参加費をもっと搾り取ってしまえばよかったんです。なぜ5000円という線引きにしたのか。

我々庶民からしたらパーティー5000円と言われたら規模にもよりますが、まあ大半は手が鈍りますけども、参加者はある程度以上のお金持ちなわけです。渋りはするかもしれませんけども、出してはくれるでしょう。もちろん「5分の2くらいを主催者が負担してくれるってよ」と言われれば良心的だな、とは思いますけど、出どころが最悪です。たしかに日本最高銀行券をせびる首相は良く思わない人もいるかもしれませんが、それもパーティーという形で還元がなされるわけですから、不足分を変なところから補填して糾弾されるよりはましでしょう。さらに、1400万円集まっていたものですから、二倍すると2800万円にもなります。500万円分は余るわけですね。そしたらそれはアフリカの難民たちにでも募金をすればいいわけです。そうすれば金の出どころも明瞭、パーティーは楽しい、余ったお金は慈善な事へ使用。さあこれでだれが文句を言えましょう。国交や経済を取り仕切る人間のそのまた上にいる男が、なぜこんな簡単なことに気づけなかったのでしょうか。つくづく不思議ですね。

 

少し意味がわからないところがあるかもしれないので、補足します。
A君は参加費5,000円を2倍の10,000円にしたら良かったのに…ということが言いたいのです。
そうすれば、政治資金を流用する必要はなかったし、残ったお金は寄付すれば良いということまで考えました。
この意見をどう評価するかということが大事なのではなく、選挙権のない中学生が、ニュースに関心を持ち、自分たちの国の代表が矛盾した行いをしていたことを知りながら、悪いと言えない大人には絶対になりたくないと言っていること。
そういう風に見ている子どもがいるのだということを知っていただきたいです。

今日もお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しております。
下記をポチッとクリックしていただけると益々頑張ります!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 味わう!国語テスト対策

  2. 学習の黄金タイム

  3. やる気スイッチを自分でONにしたY君

  4. なんでやるの?おもしろいから

  5. 身の回りのことを教材に!

  6. 学んだことをものにせよ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。