笑って笑って脳ミソババーン!

学び:笑い=1:1のキックオフミーティング

今日は、みんな天才化機構理事長の深川英里氏をお迎えして、HGMトレーニングをやるのに欠かせない対面講座”キックオフミーティング”を行いました。
深川英里氏はどちらかと言うと笑わせるというより、自分が大笑いするタイプなのですが、今日は受講生にコメディアンばりの日本変なおじさん協会代表のT氏が参加していたこともあり、講座は大笑いの連続でした。
大人ばかりの大まじめな講座で、ここまで笑うというのはかなり珍しいのです。
当然、学びが身体の奥まで浸透し、自分がなんでもできるようになったような心地よい気分です。

大事なことは、感情・感覚まで落とし込むこと

どんなに素晴らしい学習でも、自分がつまらないと思ったり、わからないと思っていたら入ってきません。
だから、今知っていることから一歩踏み出していこうと思うなら、自分の興味関心があることから始めて、ちょっとずつちょっとずつその興味の周辺にあることへ学びを拡げていくのです。
ただの傍観者だったところから、「ここはもっとこうしたら面白くなるなぁ」とか「これを付け足したらもっと多くの人に支持されるなぁ」とか自分のアイディアを加えて楽しんでいくのです。

「○○になりたいなぁ~」では願いは叶わない

「もっとキレイになりたいなぁ~」はキレイじゃないと認めてるということ。
「幸せになりたいなぁ~」は幸せじゃないと認めているということ。
「成功したいなぁ~」は成功していないと認めていること。
ああしたい、こうしたいと言えば、ずっと”したい”という状態が叶い続けていくのです。
”幸せになりたい”と上へ向く気持ちと、潜在意識(自分では意識していない)の中では”幸せじゃないんだよ”と下へ向く気持ちが綱引きのように引っ張り合って、前へ進まないのです。
だから、”今だって、幸せ。そしてもっともっと幸せになるんだ”と同じ方向へ意識を向けるとババーンと思う方向へ進み始めます。
こうする!と決めて宣言し、昨日までできなかった小さなチャレンジをやり続けていこうではありませんか!!!

何をしようが頭の中は自由

私たちは、何を考えようが、何を想像しようが、頭の中はいつも自由です。
頭の中の考えや想像なくして生まれたものは何もありません。
必ず、頭の中での想像が先にあり、今、目に見えて手に取れるものすべてがそれを基に後から生まれてきたのです。
いっさいの制限を取っ払って、一体何がやりたいのか?
時間を忘れて没頭できることを見つけたら、そこからみんな天才化していきます。
学校のテストで100点取って満足している場合じゃないよ。
人生の主人公になって100億点を取りに行きましょう!

今日もお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しております。
下記をポチッとクリックしていただけると益々頑張ります!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 休校もあと10日、残った宿題解決法

  2. 休校中に学力をつける方法

  3. ブログ、引越します!

  4. 子どもの夢中を見つける教育

  5. Try allでいこう!

  6. 10代の活躍

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。