どんな時代でも食べていける子に育てる!

学校の成績は良い方がいい!
でも、時代が変化してもたくましく生きていける子はもっといい!

ガビットの子どもたちは、毎回よく学習するし、よくお話もしてくれます。
時々、うるさ~いって注意しなくてはいけないぐらい、いろいろなことを話してくれる子もいます。
子どもたちの話に耳を傾けていると、
気にしていないようで気にしていたり、
見ていないようで、よ~く見ていたり、
聞いていないようで、随分前のこともよ~く覚えていたり、
結構ごましが効かない生き物です(笑)
私が彼らに一番願っていることは、彼らの望みが叶うことと、自分の道を見つけて人生を謳歌し社会に貢献する人になることです。
お子さんの成績に一喜一憂されているお母さん、お父さんも、あと数年も経てば心配ごとは変わるのです。

 

物議をかもした「今日の仕事は、楽しみですか。」

10月4日の突如品川駅のコンコースに現れたこの広告

「今日の仕事は、楽しみですか。」


写真はTwitterより拝借

表示時間は5秒ほどで、続きを見れば広告の意図するところがわかるようになっていました。
それにも関わらず、批判的なコメントが殺到し翌日には停止されました。
これは、どういうことなのかなぁ?
と、教室の子どもたちと一緒に考えました。

 

問いかけに対して、生まれた感情

「~ですか。」と問いかけられた時、無意識のうちに自分の答えが頭に浮かびます。
「今日の仕事は、楽しみですか。」という問いに対して

「は~い、今日もワクワクしています!」
っていう答えと、
「うっざ!楽しくなんかないよ!」
っていう答えのどっちかが浮かんでしまうのです。

批判を受けたということは、
仕事は楽しみじゃないと感じた人の方が多かったということです。
どう感じるかは自由なので、楽しくないと感じている人が悪いわけではないです。
でも、気づいてほしいのは、
その楽しくないという選択を、自分がしているという事実です。
大人になったあなたに、いやいや会社に行きなさい!なんて誰も言わないのですから。

子どもたちは見ている、大人たちが楽しんでいるかを

私は、本当はこのニュースを子どもたちに知らせたくないなぁ~と思いました。
自分の未来に期待しながら、学んでいる子どもたちに、大抵の大人は楽しくない仕事を毎日していると気づかせたくなかったからです。
でも、楽しく仕事をするってどういうことなのかなぁって想像してもらいたかったので、一緒に考えました。
どんな仕事も誰かにお役に立って、感謝の循環でお金も循環するってことを感じてほしいと考えました。
いくら大好きで始めた仕事でも、行き詰まることは多々あるし、しんどいことも、ガッカリすることもあるんです。
でも、そんな時こそもっと良くなるチャンス、もっと成長できるチャンスって考えられるようになってほしいのです。

今、目の前にある難しい問題も、挑戦すれば数日後にはできるようになっているのと同じように。
間違えることを恐れずにやってみること、それでいいのです。

子どもたちは、見ていないようで見ています。
子どもたちのしあわせを願うなら、まずは私たち大人が楽しくて幸せな大人になりましょう!
そうすることが我が子を”食べていける子”に育てることだと考えています。

今日もお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しております。
下記をポチッとクリックしていただけると益々頑張ります!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

関連記事

  1. ウソとホントを見分ける力

  2. HGMトレーニング①

  3. 当たり前を疑ってみる

  4. 10代の活躍

  5. スラスラできるということは…

  6. ブログ、引越します!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。