自粛警察?

子どもは友達と遊びたい

今週から学校が始まって、先生から「3密を避けるように!」「友達と話してはいけない」「近づいてはいけない」と言われているようですが、一歩学校から出たら友達同士仲良くひっつきもっつきで歩いていますし、遊ぶ約束をして自転車で公園へ向かう姿を見かけるようになりました。
子どもだもの、ずっと我慢してきたもの、ウイルスは生き物の細胞に入らないと無力だもの、いいんじゃない?本来あるべき子どもの姿だなぁ~と思っていました。
中学生のS君も公園で友達と久しぶりにワーワー走って遊んでいたそうです。

”公園で、遊んでいたら、叱られた”…S君心の俳句

そこへ町内会長だとおっしゃるおじいさんがやってきて、
おじいさん「お前たち!何やってるんだ!」
S君たち「遊んでいます。」
おじいさん「枝が落ちているじゃないか!汚しやがって!」「ギャーギャー、ワーワー<`ヘ´>)!」
S君たち「・・・(@_@。)」
おじいさんのお小言は1時間にも及んだそうです。

”ただ言いたいことを言う”のと”意図を伝える”のは違う

きっとおじいさんの言い分はこうでしょう。
「コロナが流行っているんだから、友達と遊ぶなんて言語道断。学校が早く終わるのをいいことに遊んでばかりいるんじゃない。」イライラ!!
公園なので、木が植わっていたり草が生えていたりしますが、風が吹いて何かが飛んできたり、小さな枝が折れて落ちていたりすることさえも、関係ないS君たちのせいにして怒鳴っていったそうです。
S君たちは、「これが自粛警察か~」と思ったそうです。
誰にも頼まれていないのに、自分の正義を振りかざし言いたいことを言って去っていく大人を見て子どもたちはどう考えるのでしょう。
1時間もかけて叱っても、おじいさんの意図が彼らに伝わったとは考えにくいです。

理由を説明してあげて

万が一のことを考えて分散登校になっていることを思うと、確かにS君たちが公園で遊んだいたのは良くなかったかもしれません。
ただ、子どもたちはコロナが流行っている実感がないのです。インフルエンザだったら自分もかかったことがあるし、クラスで5、6人休んだら学級閉鎖になるから理解できる。でも、コロナになった人が自分の周りにいないのに3カ月も学校が休みになっていることが不思議なのです。
だから、自粛を強要する人は、どうして友達と公園で遊んではいけないのか証拠を出して説明してあげなくてはいけないと思うのです。自分の考えを押し付けるだけでは、いくら子どもでも納得しません。
子どもたちの間では、「○○公園はすぐに苦情がくるから遊ばない方がいい」と噂になっている公園もあるようですよ。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しております。ポチッと応援してください。
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

今日もお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しております。
下記をポチッとクリックしていただけると益々頑張ります!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

関連記事

  1. おもしろくて、ためになった連休

  2. 常識を疑うと…楽しいかもしれない

  3. 床がキレイになりました!

  4. 感謝と恩返し

  5. 人のふり見て我がふりなおせ

  6. 今年の夏休み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。