妖怪アマビエ

妖怪アマビエって知ってる?

新型コロナウイルスが流行りだしてから、時々見聞きするようになった妖怪アマビエ。(甘エビじゃなくて、アマビエね)
江戸時代に肥後の国(熊本県)に現れた妖怪アマビエは、豊作や疫病の予言をしたそうです。光り輝くアマビエの姿を描いて人に見せたら、疫病の蔓延が収束するそうな。

特徴から姿を想像する

妖怪なんて、なんだかおもしろそうなので、10の特徴だけお知らせして、その特徴から姿を想像してみんなに描いてもらいました。
姿を見たことがないものを自分の頭で想像して描くわけですから、描いた人の頭の中をのぞかしてもらう感じでちょっとワクワクします。これって、国語の勉強にもなります。物語を読むことは頭の中で自分で映像化することですもん。

アマビエギャラリー(とくとご覧あれ!)


坂道アイドル大好きS君、さすがの脚線美!


胸のあたりをどう描こうかお悩みだったM君作


美少女Mちゃんが描くアマビエはどこかかわいい!


Y君作、新しいパターンの半人半魚になっているわ!


ほとんどの人が左向きに描くけど、右向きに描かれたK君の作品


実際に見たら怖いかもしれないN君作


A君は背景も海の中も描いてくれました!


人魚のようなYちゃんの作品


水中でも光っているT君の作品


満月に光るK君の作品

まだご紹介できていない作品があるのですが、これを見て皆さんも疫病を撃退!してください!

 

 

関連記事

  1. 床がキレイになりました!

  2. K君の疑問と未来予想

  3. 休校を謳歌する子どもたち

  4. 鉛筆を持った子

    教室再開、休校中に差をつけよう!

  5. 楽しめることは、学ぶ力である

  6. やる気スイッチを自分でONにしたY君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。